スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とてもお久しぶりに映画の話
ブログがすごくお久しぶりです、伊那です。
そろそろ年の瀬という事で、
今年を見た映画で振り返ろうと思います。

ほかに振り返るネタはないのですかという感じですが、創作の振り返りは別のところでやると思うので。





まず映画館で見た映画です。



◆今年見た映画館映画◆

バットマンvsスーパーマン
シビル・ウォー
デッドプール
マクベス(2015)
X-MENアポカリプス
スーサイド・スクワッド
ゴーストバスターズ
キング・オブ・エジプト
高慢と偏見とゾンビ
スター・トレックBEYOND
オペラ座の怪人(2004)
冬物語(ブラナー・シアター・ライブ)





半分くらいアメコミ映画という驚き。
本当はブラナー・シアター・ライブのロミオとジュリエットも行くつもりが、体調を崩しているうちに短い上映期間が終了してしまい、見れずじまい。無念。
本場の演劇の上映は大歓迎なのでまたやってほしいです。ハムレット見たい…。







◇来年見たい映画館映画◇

マグニフィセント・セブン
ドクター・ストレンジ
アサシン・クリード
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2
ワンダーウーマン



ついでに来年の映画の話(笑)
レイフ・ファインズ先輩のリチャード三世もちょっと気になります。見に行くか分からないけど。
ガーディアンズオブギャラクシーは五月になったのですね…少し前に六月って聞いてたのに。早くなったからよい事だ。
スパイダーマンはどうしようかなと。ドクターストレンジが好みだったら見たいぐらい…予告編次第…?
どうやらアメイジングの打ちきりがトラウマらしい。


今年もわりとアメコミ見てたのですが、来年もわりとアメコミ見に行く気らしいですね…。
DVDだとジャンルに偏りはさほどないのに…映画館映画となると偏りがあるんですなあ。
映画館では派手なのが見たいのですかねえ……。いえ、アメコミ映画好きではあるのですが。

はいからさんが通るの映画も気になっています。アニメっぽいのでキャラデザ次第なところもありますが、世界観目当てで行くかもしれない。大正浪漫が好きだから。






◆今年DVDで見たオススメ映画◆

ストレイト・ストーリー
ミケランジェロ・プロジェクト
クーキー
めぐり逢わせのお弁当
アントマン
ラストナイツ
きっと、うまくいく
メアリーと秘密の王国
リザとキツネと恋する死者たち
キューティ・ブロンド
マダム・イン・ニューヨーク
ハロー?!ゴースト
パディントン
ゴースト・オブ・マーズ
ONCE ダブリンの街角で
SPY
騎兵隊
ゴースト・スクール
カンフー・パンダ(1,2)
ヘイル,シーザー!
大統領の執事の涙
藍色夏恋
龍三と七人の子分たち
処刑人
NORTHMEN: A VIKING SAGA
パレードへようこそ
28日後
センチュリオン




なんかけっこう厳選したつもりが多くなったぞ…。
基本今年初見のものをあげましたが、数年前に見て今年また見たら面白かった映画もあります。

ノースマンが地上波でなんとなく見たのに面白かった映画なのですが、どうもマイナーみたいでウィキページもなく邦題ももう忘れました。
バイキングの話なのですが、剣と弓矢で戦う話っていいよなと思いました。銃も好きだけど、剣ですよ剣。あとめちゃ強な戦う修道僧がツボでした。

DVDではたくさん見ました。
私は映画好きのわりに館映画にはあまり行かないので、DVDで見てからよさを知ったパターンはかなり多いです。
もったいないですね!





◇ここで紹介しようと思って結局出来なかった去年DVDで見たオススメ映画◇

フロム・ヘル
チャッピー
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
アイアン・クラッド
シンプル・シモン
荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~
ラストベガス
グーニーズ
オー!マイ・ゴースト
ブルース・ブラザース
第9地区


ガーディアンズオブギャラクシーの好きすぎて百年前から知ってる気だったけど知ったのたったの去年だったので驚き。
全部通して見るとちょいちょいアメコミとゴーストが食い込んできますね。




というわけで見た映画とおススメ映画でしたーー。
今年中にまたブログ書く予定でっす。ではでは。
スポンサーサイト
本メモ
最近、これまでなんとなくしか知らなかった建築史について学びたいと思うようになりました。
そんな流れで読んだ本についての、自分のためのメモを残しておきます。
どの建物を調べようと思っていたか、あとで確認用に。
気になったものだけメモします。



『世界で一番美しい駅舎』
という本に出てきた駅舎について。


●アントワープ中央駅(ベルギー)

20世紀初頭。
ネオ・バロック様式。

美の巨人に出てた。
駅とは思えないくらいに立派で壮麗、豪奢。



●マドリッド・プエルタ・デ・アトーチャ駅(スペイン)

1992年。
ラファエル・モネオ設計。

美の巨人に出てた。
熱帯植物園が駅構内にある。



●ストックホルム地下鉄(スウェーデン)

1950年。
石灰質の岩盤をくりぬいて造られた。

岩盤の天井や壁にアートが施されている。



●フンガーブルク駅(オーストリア)

2007年。
ザハ・ハディド設計。

ケーブルカーの乗り場。
近未来的な流線形のフォルム。



●ニューヨーク・グランドセントラル駅(アメリカ)

1871年。
ワレン&ウェットモア設計。
アメリカン・ボザール様式。

映画『北北西に進路を取れ』



●クアラ・ルンプール駅(マレーシア)

1910年。
アーサー・B・ハボック設計。
イスラム様式。

白磁の外観が美しい。



●チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(インド)

1888年。
フレデリック・ウィリアム・スティーブンス設計。
インド伝統様式、ヴェネツィアン・ゴシック様式を融合させた。

映画『スラムドッグ・ミリオネア』



●シルケジ駅(トルコ)

1890年。
ジャスムンド設計。

映画『007 ロシアより愛をこめて』



●マプト駅(モザンビーク)

ヴィクトリア様式。

黄緑基調の外壁が素敵。
映画『ブラッド・ダイヤモンド』




海外で行った事のあるミラノ駅が出てました。映画『若者のすべて』のロケ地。



映画のロケ地にもなっているという話が盛り込まれていたので、映画好きの私としては映画をより楽しめる理由が増えました。

日本の駅舎は、金沢駅と東京駅が載っていました。
映画のはなし3その3
前回からだいぶ時間がたってしまいましたが、映画の話。
なんかどんどん見たときの記憶がうすれてきたのでコメントが短め……好きだと思ったのに忘れるんかいっ

これで一回終わります。。



**



タイピスト!(2012)

タイピスト! [レンタル落ち]

監督:レジス・ロワンサル
出演:ロマン・デュリス、デボラ・フランソワ
ジャンル:サクセスストーリー?
あらすじ
1950年代フランス。田舎から出てきたローズは秘書の仕事に就くがタイピングの腕をみこまれ、タイプライター早打ち大会に挑む事になる。


恋愛&文系スポ根もの。
スポーツをやるんじゃないけど、競技のために練習して試合にのぞむ、っていうお話。
スポーツじゃなくてもそういう努力友情勝利的なお話はやっぱりいいですよね~
努力恋愛勝利だけど。

ヒロインちゃんがかわいい。
服とか色彩とか美術がやったらおしゃれ。

がんばる女の子とかおしゃれな美術とか好きならおすすめ。







天才スピヴェット(2013)

天才スピヴェット コレクターズ・エディション 【初回限定生産】アウタースリーブ付 [Blu-ray]

監督:ジャン=ピエール・ジュネ
出演:カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム=カーター
ジャンル:ロードムービー
あらすじ
10歳にして天才的頭脳を持つ少年スピヴェットは、ある朝一人家を出て遠く旅へ出る。その理由は自身の受賞式のためだったが、彼の心はただ受賞に浮き立っているだけではなかった……。


おしゃれ。泣ける。
飛び出す絵本みたいのがキャプチャーごとに出てきてすごくかわいい。
子供が主人公の話は好きです。

主人公の少年がちびっこいのに天才で、でも何故か家族や周囲の人間には変人としか思われていないっていう。
それは主人公さほど気にしてない風なのですが。







ドーン・オブ・ザ・デッド(2004)

ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]

監督:ザック・スナイダー
出演:サラ・ポーリー、ヴィング・レイムス
ジャンル:ホラー
あらすじ
ゾンビが発生した世界で生き残りをかけて生存者たちがショッピング・モールに集まったが……。


同名映画のリメイク。邦題だと『ゾンビ』っていうのが一般的らしい。
元の映画も見た事あるんですけど、けっこうアレンジが入ってました。

映画のジャイアンみたいなキャラが好きだったです。







バチカンで逢いましょう(2012)

バチカンで逢いましょう [DVD]

監督:トミー・ヴィガント
出演:マリアンネ・ゼーゲブレヒト
ジャンル:ヒューマン
あらすじ
カナダに住むドイツ人のおばあさんマルガレーテはローマ法王に会いたいと願い家族でのローマ旅行を楽しみにしていたが、のり気でない家族たちにより旅行話が流れてしまい、一人で旅に出るが……。


『バグダット・カフェ』の監督と主演でふたたび映画を。
カフェの話も好きだったけど、これも好きです。イタリア舞台だし(笑)
ローマとバチカンの風景きれい。

「イタリア人は愛に弱い」は名言である。







ヴィレッジ(2004)

ヴィレッジ [DVD]

監督:M・ナイト・シャマラン
出演:ブライス・ダラス・ハワード、ホアキン・フェニックス
ジャンル:サスペンス?
あらすじ
森にかこまれた小さな村に住む村人たちには、森に入ってはいけないという決まり事があった。一人の少年の死をきっかけに、森への禁忌に疑問を抱く青年があらわれる……。


サスペンスフルでホラーちっくな恋愛映画
と勝手に思った。

ちょっとこの映画のホアキン・フェニックスかっこよくないですか。
気概あって真面目で、でもすごく無口で堅物そうで無愛想。そんな男子がヒロインには時々デレるんです。くっそかわいい(え
好きだからさわれない、っていうのがすごく萌えます。







LIFE(2013)

LIFE!/ライフ [DVD]

監督:ベン・スティラー
出演:ベン・スティラー
ジャンル:ヒューマン
あらすじ
廃刊が決まった雑誌『LIFE』編集部で働く冴えないウォルターは、最後の号の表紙を飾るフィルムをなくしてしまった。フィルムを探すために、ウォルターは旅に出る事になる。


『虹を掴む男』のリメイク作品。

おれも旅に出るぜえええぇぇぇうおおおおぉぉ
っていう気分になる映画。
いいじゃん、もう、日常とか仕事とか学校とか家庭とか後回しで、カバンひとつで空港行って地球飛び回ろ。
ってなります。
大好きです。



**



たぶんこれで今年最後のブログになると思います。
ほんとは今年を振り返る記事を書きたいぐらいだけど、たぶん書かない(笑)時間が足らぬ……

最近のブログは映画の話をするところになってしまっていますが、今後もよろしくお願いします。
よいお年を!
映画のはなし3その2
前回からだいぶたってしまいましたが映画のはなし。
今回なんとなくもっとまじめな文章で書こうと思ったんですけど、無理でした(笑)



**



会議は踊る(1931)

會議は踊る【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

監督:エリック・シャレル
出演:ヴィリー・フリッチ
ジャンル:オペレッタ
あらすじ
1814年、ナポレオンが失脚した後ウィーンで開かれた会議は各国の利害が衝突し、遅々として進んでいなかった。そんな中ロシア皇帝は町娘クリステルを見初めるが……。


楽しそうで何よりです!
歴史は大きな局面に来ているのに歌って踊ってこいつら愉快だなwwという楽しい映画。
ウィーン会議とか歴史のお勉強的な事なんかどうだってよくて、頭からっぽにして見れます。

盗聴大好き宰相閣下メッテルニヒ、かわいい。
そんな閣下に仕える宰相秘書が町娘クリステルに片想いしてるんだけど、振り向いてもらえていない。
片想い男子、かわいい。
でもこの二人時々意見の衝突で「受け取る!」「受け取らない!」「受け取る!」……(エンドレス)っていう言い合いをしていて、いい大人が、かわいいなおいっていうやり取りをしています。
つまり秘書と町娘、かわいい。
ロシア皇帝の影武者がなぜかいつも刺繍して自由時間過ごしているという謎のキャラ付け。かわいい。
登場人物みんなかわいいよ。

わりとコミカルなノリなのでたいていの人におすすめ。
なんとなく歴史も学べるよ。







クリムゾン・リバー(2000)

クリムゾン・リバー デラックス版 [DVD]

監督: マチュー・カソヴィッツ
出演:ジャン・レノ、ヴァンサン・カッセル
ジャンル:サスペンス
あらすじ
フランスのゲルノンで凄まじい惨殺死体が見つかった。パリ市警のニーマンスと地元警察のマックスが捜査する事になるが、ゲルノンの深い闇が待ち構えていた……。


見るも無残な死体からはじまるサスペンス!
猟奇的殺人事件を追うサスペンス、大好きです……(笑)

閉鎖的コミュニティの後ろ暗く根深い因習が引き起こす事件、みたいなのけっこう好きみたいです。
実際そこにいたらいろいろ思うところあるだろうけど、閉鎖的コミュニティの独自な世界っていうのが見てて楽しいです(笑)

サスペンスだしあんまり何も書きませんが、ちょっとグロいシーンもあるので、苦手じゃない人におすすめ。







シェフ!~三ツ星フードトラックはじめました~(2014)

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(初回限定版) [DVD]

監督: ジョン・ファヴロー
出演:ジョン・ファヴロー、ダスティン・ホフマン
ジャンル:ヒューマン
あらすじ
ロサンゼルスの一流シェフであるカールはオーナーとの意見衝突やSNSの誤爆が原因で職を解雇され、次の仕事も見つからない。そんな中、妻の勧めもあってフードトラックでキューバサンドイッチの移動販売をはじめる。


飯テロ映画。
見てるととってもお腹がすきます。
キューバサンドイッチがすごくおいしそうで食べたくなります。
サンドイッチ以外にもいろいろ料理が出てきて、料理作ってる最中の様子もなんだかわくわくして見てました。

コミカルなノリで、家族愛だったり、料理がおいしそうだったりで、楽しく見れるので家族向け映画だと思います。

現代的でインターネットやSNSの影響力とかをリアルに表してるかんじ。
ロバート・ダウニー・Jr.が面白いけどややシュールな役でウケました。







ジュピター(2014)

ジュピター ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラナ・ウォシャウスキー
出演:チャニング・テイタム、ミラ・クニス
ジャンル:SFアクション
あらすじ
清掃人として朝から晩まで働く日々にうんざりしているジュピター。ある日、何者かに襲われたところを見知らぬ男ケインに助けられ、別の惑星の王族だと知らされ、地球の覇権をめぐる争いに巻き込まれていく。


SFアクション映画なのに、少女マンガ要素多くね?!という驚きの一作(え
・平凡なはずのヒロインは実はお姫様
・ピンチはイケメンが助けてくれる
・ヒロインのドレスアップシーンがある
・謎のイケメンに求婚される
・ついでに身分違いの恋

少女マンガでよくある展開ですよね!
まあそんなに珍しい展開ではないですけど。
女主人公だし。

SFなのでやっぱり余所の惑星の世界観が楽しかったですね。
建築物もどこかイスラミックな気がしたし、建物に萌えてました(笑)←お前だけだ

どうでもいいけどチャニング・テイタムがラブコメ学園映画『アメリカン・ピーチパイ』に続いて生理用品で止血していて爆笑しました。
なんかもうそういう定めなのか







人生、ブラボー(2011)

人生、ブラボー!  [DVD]

監督:ケン・スコット
出演:パトリック・ユアール
ジャンル:ヒューマン
あらすじ
うだつのあがらない中年男ダヴィッドは、ある日自分には533人の子供がいる事を知らされる。過去に行った精子提供の結果ではあるが、ダヴィッドは子供たちと関わるつもりはなかった。しかしある事がきっかけにして、子供たちに身分を隠して会いにいくようになる。


主人公がお金ほしさに精子提供したんだけど、なんでお金ほしかったのかっていうと、身を粉にして働く両親たちを、彼らが子供たちと生活のために諦めた旅行に連れて行ってあげたい、という親を思う気持ちからだった。っていうのが泣ける。

主人公が最初の方からほんとにもう、うだつのあがらないっていうか、ダメ男っていうか、ぐだぐだしてるんだけど、その前提があってでもすごく家族思いだったんだって……芯までダメ人間じゃなかったんだね!っていう(笑)

家族だって最初から血のつながりだけじゃなくて、一緒に過ごす時間が大事なんだよね。みたいな私がよく言ってることを感じました。
まあいい話だけどノリもわりと軽いので、気軽に見れると思います。



**



もう一回続きます。
映画のはなしシーズン3
比較的最近見た映画の話、シーズン3!
そのいち!
もはや前置きはしませぬ。
今回なぜかアで始まるタイトル多い……というかア行が多いですな。

そういえば、年は日本でのものではなく制作国でのものを採用してます。



***



アイ・アム・サム(2001)

I am Sam : アイ・アム・サム [DVD]

監督:ジェシー・ネルソン
出演:ショーン・ペン、ダコタ・ファニング
ジャンル:ヒューマン
あらすじ
七歳児ほどの知能しかないサムは訳あってシングルファーザーとして娘のルーシーと二人で暮らしていた。七歳になり父親の知能を追い越したルーシー。父親として養育能力がないと判断され父娘は引き離されてしまうが、サムは裁判で戦う決意をする。


言わずと知れた名作なのかもしれないですが、見てなかったんですよ。
ずっと泣いてました。ずううっと。
父親と引き離されたあと、父親が近所に越してきたからって毎晩毎晩父親の家にしのびこむルーシーちゃんのシーンが印象的でした。
あと裁判ものって感じもしました。
裁判って、精神削られるんですね。

ダコタ・ファニングちゃんがかわいくてかわいくてかわいくて……
というか私、動物と子供が大変な目に遭ってると高確率で泣いちゃうんですけどね。
小さい子供がかわいそうな目に遭うともうつらいんです。







愛さえあれば(2012)

愛さえあれば [DVD]

監督:スサンネ・ビア
出演:ピアース・ブロスナン
ジャンル:ラブロマンス
あらすじ
娘の結婚式のために南イタリアに訪れたイーダ。実は彼女は闘病中に夫に浮気をされ傷ついていた。妻を亡くして久しい娘婿の父親フィリップと話すうちに距離が縮まっていくが……。


大人の恋愛映画。
ついでに若い新郎新婦もなにやら表面通りではない様子……?!
世の恋愛映画ってなんだかんだアラサーアラフォーぐらいだと思うんだけど、たぶんこれはアラ還ぐらいの年の大人の恋の話。
たまにはそれぐらいの世代の恋愛ものっていうのもいいものですね。
なんかやっぱり、比較的若い世代の恋愛ものとは雰囲気とか違うんですよね。なんかそういうのもいいなと。

これすごいですよ、イーダの夫は浮気がばれた後、まだ離婚にまではいかないけど、浮気がばれたんだからおとなしくするかと思いきや、娘の結婚式に浮気相手と一緒に来ちゃうんですよ(笑)
浮気ばれた後で気まずいので、当然式には夫婦別々で向かうんですよね。で、夫が後にきたら何あれ浮気相手と来てる(笑)
っていう、嫌われキャラ作りの勉強になりました←?







アイス・エイジ(2002)

アイス・エイジ(特別編) [DVD]

監督:クリス・ウェッジ
出演(声):レイ・ロマーノ
ジャンル:CGアニメ
あらすじ
遥か昔、氷河期を目前にし動物たちはあたたかいところへ大移動をはじめる。ある三匹の動物たちは、移動する群れから離れて行動するうちに、人間の赤ん坊を助ける事になり、行動を共にするようになるが……。


家族向けの冒険&コメディ&人間愛&ハッピーエンドという安心して見れるお話。
氷河期寒そうだけど、氷の世界がきれいです。

私はたぶん、子育てとか得意じゃなさそうな人物が子育てするはめになってしまった、という展開が好きなんだと思います。
この話を見てそう思いました。
不器用そうな人がいつの間にかほだされてがんばって子供に向き合うみたいな感じの……。
いい……。







アバウト・タイム~愛おしい時間について~(2013)

アバウト・タイム~愛おしい時間について~ [DVD]

監督:リチャード・カーティス
出演:ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス
ジャンル:ラブ&ヒューマン
あらすじ
イギリスに住む平凡な青年ティムはある時父親に、一家の男はタイムスリップが出来る能力を授かっていると教えられる。その能力を使って恋を成就させようと悪戦苦闘するティムだったが……。


タイムスリップと恋愛っていい組み合わせなんだよね映画、でもあるけどヒューマンドラマ。だと私は思いました。
前に何かの映画番組でタイムスリップと恋愛って組み合わせは、ドラマチックに仕立てられるいい組み合わせなんだというようなニュアンスの事を言ってるひとがいたんですね。
それを思い出したのと私自身わりとタイムスリップがテーマのもの好きですし、なんとなーく借りてみたんですけど、おもしろかった。
人間ドラマでした。

あとビル・ナイ先輩がクールだし時々かわいい映画でした。
あんなパパいたらもうかっこよすぎる。







オーケストラ!(2009)

オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
出演:アレクセイ・グシュコブ
ジャンル:ヒューマン
あらすじ
かつて名声を浴びた高名な指揮者であったアンドレイは今は落ちぶれた清掃員。ある日、パリからある楽団へのオファーが来ているのを知り、正式な楽団に成りすまして、以前の仲間と共に音楽界へ復帰しようという計画をたてる。


まず、ロシア人が自由。そこからはじまるある意味サスペンスな展開。
なんと、成りすまし楽団(みんな落ちぶれて音楽の仕事はもうやってない)がパリに着いてからリハーサルを一切しない。主人公とその周辺以外、種々の理由で街へ出ていき戻ってこない。
楽団呼んだ側はみんな「リハしないとか、おかしくない?」って疑いはじめるんだけど、無理っやり乗り切る主人公。
正式な楽団じゃないってばれちゃうよ?!というサスペンス感(笑)を私は感じました。

ちょっとした推理要素みたいなのもあって、そうだったのか……ってなるラストも見もの。
実はこれ、公開当時、私は映画館に見に行ったんですよね。それでごく最近になってからDVDで改めて見たんですよ。
そしたらそのラストを覚えてなかったもので、まんまと騙されました(笑)見たことあるはずなのに。

すごくどうでもいいけど、ジャケって姓が出てきていつもシャケ……鮭……って思っていました()







オースティンランド(2013)

オースティンランド 恋するテーマパーク [DVD]

監督:ジェルーシャ・ヘス
出演:ケリー・ラッセル
ジャンル:ラブコメ
あらすじ
ジェイン・オースティンの小説『高慢と偏見』をこよなく愛するジェーンは、理想の男性像を『高慢と偏見』の中に見出すために恋愛がうまくいかない。憧れと現実の狭間で悩みつつもジェイン・オースティンの生きた時代の世界観を体感できるテーマパークに向かう事にする。


ラブコメ。
細かい事は考えるな感じろ。
『高慢と偏見』へのオマージュのようでありながら、乙女の夢をいっぱいこめて、しかし現実もいっぱい詰めて、召し上がれ。みたいな感じ(謎)
コミカルなノリもけっこう好きなノリでした。

『高慢と偏見』を知らない人でも歴史好きなら楽しめると思います。
ああいう過去の時代にひたれるテーマパーク行ってみたい。
ちなみにただのテーマパークではなく(アトラクションなし)、疑似恋愛も楽しめる場所なんです。っていう話なので、世界観を満喫するだけじゃ終わらない。
要は18世紀の衣装を着せられてジェントリ気分を味わいつつ求婚者(偽)もゲットだぜ!みたいな設定のあるテーマパーク。忙しいな!

それから、主人公が特に愛してやまない『高慢と偏見』は実際にイギリスでドラマ化されたコリン・ファースが出てるやつでした。
あのドラマ見て『ブリジット・ジョーンズの日記』書いたひともいるっていうんだから、乙女への影響はかりしれないですね(笑)



***



ちなみに私はオースティンランドを見たあとに、いろいろな時代のテーマパークがあればいいのに!と思いました。
特にシェイクスピアランドがいいなあと思います。


続きます!
髪の毛きりたい
先日ブログを更新したときから散発いけてません。
うっとーしーのに。くそう

なぜなら行きつけの美容室が昔の住んでいたところにあって今の家からじゃ遠いからです(笑)
でも夏だし切りたいですね!


全然関係ないんですけど、
最近、ドラ●もんズ見てます。
なんかこう、七人も主要メンバー出てくるのにキャラが誰がだれだかってことにならないのは、キャラ設定がちゃんとしてるんだろうなと思いました。
特技と癖、あるいは長所と短所がキャラづけには大事なんだなと思いました。

いやっふつうに見るだけでも楽しいんですけど、つい創作する目線で見てしまう。。
何が言いたいのかよくわからないけど、ドラ●もんズ楽しいです。またやらないかな。。。



あとまた関係ないけど、今度お笑いライブ見に行きます。
わたしには珍しく。誘われたんですけど、けっこう好きな芸人なので楽しみです。
気分転換、大事
今度、沖縄旅行にいくことになりました。いええええい!!!!
今年はまたお出かけ生活を復活させて、青春きっぷの鈍行列車の旅もしようかなあ!!
なんて妄想をしています。

旅行は知らないところに行きたいという探究心や好奇心もあるのですが、日々の暮らしからのリフレッシュがほしいっていう理由もあります。
気分転換は、大事ですよね。


昨日ちょっと、へこむ事があって、まあ私も悪いんですけど、
とにかく気分転換がしたかった。
やりたいこと片っぱしからやろう!!と決めてリストアップしました。

映画DVD借りたり、カラオケ行ったり、漫画をあちこちで読んだり。

ほんとは髪の毛を短く切ろうと思ったら行きつけの美容院で行きつけの人がいなかったので断念。
あと映画館も行きたかったけど、なんとなくやめた。


それで、漫喫でなつかしの鼻毛真拳マンガを読んでたんですよ。
らいんのスタンプが出てて懐かしくなって、読みたくなったので。
読んでたら、ネットでよく聞く「ただし○○テメーはだめだ」っていう言い回しがあって、あれの元ネタってぼーぼぼなのかな……って思いました。
なんか、読んだことあってもなくても、なんかそういうの気付かない私……
だから何だっていう話ですけど。



気分転換、楽しかったけど、カラオケ久し振りだったし、
でも何か物足りない。
やっぱりでかい画面で見る映画だったのか……髪の毛をばっさりいく事だったのか……
それとも創作か。

しかし私には沖縄が待っていた。
リフレッシュはこれからだ、と思って沖縄計画ねります。



ブログを更新したかっただけなので、内容がない記事になっております……。
いい加減、横の木は成長終わるのまだなのか……
ではでは、また。
Copyright © 夜のかくれんぼ. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。